So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の3曲  孫正義のデジタル教育が日本を救う

写真us2.JPG
今は夜中。ラフロイグのロックを飲みながら書いてます。写真は昨日と同じく
ロサンジェルスの海岸。サンタモニカ。サンタモニカというと桜田じゅんこが頭に
浮かぶ人は同世代かな。写真はサメの背中か、サーフィンのスケグかどっちかが
ついているごみ箱です。ロックであまり飲まないけど、久しぶりに飲むと
おいしいお酒はほんとにおいしい。そして、涙がでるから封印していた
音楽を聴いてます。言葉は難しいな。封印していた曲があるんじゃなくて、
音楽全般が涙腺を刺激して駄目になっていたということです。
最初はBud PowellのCleopatra's Dream。定番です。過去も現在も
すべて包み込んでくれる曲で”僕が時間の流れの中に入れる”曲です。
2曲目はドビュッシーのアラベスク1番。岩井さんのリリーシュシュのすべての
テーマ曲。緑と雨と光と影と、そんな映像が浮かびます。あの映像にこの曲を
選ぶのはすごい。繊細な感覚がうらやまし。映画作りの努力と準備をしなくっちゃ。
ちなみにYoutubeでは横内愛弓っていう人が弾いてるのを聞いたけど(見たけど)
なかなかよかったです。ワンピースには弱いなー。3曲目は海とサーフィン映像の
山下達郎Your Eyes。この曲は涙でちゃうな。それと4曲目になっちゃうけど
Ride On Time。涙でるけど人生幸せだったんだなーって思える2曲です。
そろそろ寝なくちゃ。酔っ払いだもの。

あと、ジャーナリストの中村さんという人が書いた孫正義のデジタル教育が
日本を救うという本を読みました。買ったときは孫さんの本だと思って買っちゃった
のですが違ってました。教科書をIPODのような電子ブックにすべきだという
ものですが、説得力はありました。子供たちに創造力をつけ、考える力を
つけ、落ちこぼれを減らすためにハードやらコンテンツとしてのソフトでの
効果はうなずけますが、それはどんどん進めるとして、今の問題はもうすこし
別なところにもあって、それは、教材では修正できないもののように思えます。
それが修正できないと、いけないのですが、なぜいけないか、修正されると
どんな世界になるのか、具体的に言えません。なんでだろ。まだ、世の中
わかってないんだろうーな。
孫正義のデジタル教育が日本を救う  角川SSC新書 (角川SSC新書)

孫正義のデジタル教育が日本を救う 角川SSC新書 (角川SSC新書)

  • 作者: 中村 東吾
  • 出版社/メーカー: 角川SSコミュニケーションズ
  • 発売日: 2010/11/10
  • メディア: 新書



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。