So-net無料ブログ作成
検索選択

星   大局観

写真hope.JPG今日は帰り道、雲のすきまから見える星が
すごくきれいだった。今日の星も結構満足。遠くがよく見えました。星がまとまっている
ところもよく見えてるし空気が澄んでるんだね。それでも遠くに満天の星を見に行きたいな
と思ってて、それがもっかの望みかな。

写真はショートホープの箱。ショッポと呼んでよく吸ってたけどたばこをやめて
もう20年以上。ただ、たばこの箱とデザインは好きなんだよね。たばこの箱と
ライターを右手でいじってるのがあこがれ。ダンヒルのライターなら蓋を持ち上げると
カーンって独特な音がするのがすばらしいし、ジッポはやや高くカチって
音がするのも楽しい。特にショッポの小型サイズやしっかりした紙質は
普通のたばこにライター乗せるよりもライターがあうんだよね。
それにしても、たばこの箱はせっかくのデザインなのに、健康に悪いよメッセージを
こんな風に書かれちゃったら最悪だね。健康に悪いのは知ってるし、僕もやめたし、
周りで吸ってほしくないけど、箱にこれ書いてどれだけ効果があるんだろう。
箱をかっこいいと思われにくくする効果はあるけど、ひとつの文化というか
工業芸術をめちゃくちゃにしてるように思うな。たばこの箱のデザインは
どれも素敵なので、違う方法で禁煙を推進してほしいなと思います。
金閣寺に落書きされてるみたいでとっても残念だな。まあ、金閣寺は
害がないからこの比較は変かもしれないけど。ともかく、たばこのデザインは
すばらしいし、楽しいよ。

羽生さんの大局観を読みました。若いころから将棋の戦績がすごくて、
将棋のこと考えてるとき、どういうことを考えてるんだろうと思ってましたが、
この本で少し将棋脳の作り方とどういうように考えてるかが感じられました。
チェスと将棋の違いもよく知らなかったので面白かったな。羽生さんが
前に書いた本も読んだけど、年がたって、将棋だけではなくてその間に
いろいろな本を読んでいろいろな人に会って、いろいろな体験をしたん
だなっていうことがよく感じられます。戦いながらいい生き方をしているな
と思います。仕事で戦って、人にあって、本を読んで、旅をする。順番は
どうあれ、そうやっていい年輪を刻める大人になっていきたいなーと
思いました。

大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)

大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)

  • 作者: 羽生 善治
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/02/10
  • メディア: 新書



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。